平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災を契機に、新たに防火対象物定期点検報告制度が設けら
れました。この制度では、一定規模以上の防火対象物の管理権原者は、消防法令及び火災予防等に係る専門
的な知識を有する者(防火対象物点検資格者)に防火管理業務の実施状況を点検させ、その結果を消防機関
に報告しなければなりません。

 この講習において、防火対象物点検資格者として必要な知識を学習していただき、講習の最終日に行われる
修了考査に合格された方には防火対象物点検資格者としての資格が付与されます。
 この講習は、一般財団法人日本消防設備安全センターから委託を受けて、一般財団法人広島市都市整備公
社が実施しています。
 防火対象物点検資格者講習とは

実  施  日 申請受付期間 備 考 
平成30年5月22日(火)〜25日(金) 4月 3日(火)〜4月18日(水) 受付終了
※申請は、上記申請受付期間内にご提出ください。なお、申請期間内であっても定員に達し次第締め切ります
  ので、あらかじめご了承ください。
申請期間を迎えていない講習の申請はお控えください。
申請期間より前に申請書を郵送・持参された場合、返送・返却させていただきます。
 

広島市総合防災センター(広島市安佐北区倉掛二丁目33番1号)

定員
50人

申請書の提出先
郵送又は持参してください。
一般財団法人広島市都市整備公社防災部(広島市総合防災センター内)
 〒739−1743 広島市安佐北区倉掛二丁目33番1号  TEL.082−843−0918

講習の内容、申請方法等

受講料等
資格の取得状況や実務経験により、受講科目の一部免除があり、受講料が異なります。
 受講科目の一部免除された方は、免除された科目を受講することはできません。しかし、最終日の修
了考査には科目免除はありませんので、科目免除された方も含め全員がすべての問題を解答していた
だきます。
下記受講料のほか、合否判定結果通知郵送料82円、合格した方は免状交付手数料等2,242円が必
要となります。(払込手数料は受講者負担)
科目免除のない方(区分A)  38,000円/人(消費税込み)(払込手数料は受講者負担)
科目免除(区分B)  36,000円/人(消費税込み(払込手数料は受講者負担)
科目免除(区分C)  30,800円/人(消費税込み)(払込手数料は受講者負担)
 4. 受講科目の一部免除  7. 受講料等 .科目免除申請書(全2枚)

講習当日の留意事項
受付時間は、午前9時10分から9時30分までです。
受講票、テキスト引換券(テキストの前渡しを受けた方を除く。)、筆記用具を必ず持参してください。
遅刻した場合は受講できません。また、講習科目を全時間(科目免除が認められた方は認められた
 時間以外)を完全に受講しなければ、修了考査は受けられません。
車でお越しの場合は、無料駐車場(グラウンド内)があります。(隣接する広島県消防学校と間違わな
 いようにご注意ください。)
講習会場内には、清涼飲料水の自動販売機のみ設置しています。また、近隣にはコンビニエンススト
 アや飲食店等 はございません。希望者には弁当(お茶付)を650円(消費税込み)で斡旋していま
 すので、受付時(午前9時30分まで)にお申し込みください。

お問い合わせ等
一般財団法人広島市都市整備公社防災部(広島市総合防災センター内) 
  電話 082−843−0918

 
***広島市総合防災センターは、一般財団法人広島市都市整備公社が管理運営しています。***
平成25年4月1日より、広島市都市整備公社は財団法人から一般財団法人に移行しました。

       
サイトマップ プライバシーポリシー トップページへ